賃貸物件を探す

賃貸物件は交渉次第で得になる?

アパートやマンションを借りる時は、物件のオーナーである大家さんと入居希望者との間に不動産業者が入ります。
賃貸物件を仲介した不動産業者は入居希望者から仲介料を受け取って、大家さんとの交渉を行ったり契約手続きを行います。
賃貸物件を借りることになれば毎月家賃を払うことになりますが、紹介してもらった時に周辺の相場と比べて家賃が高いと感じたら家賃交渉を行うというのも一つの方法です。
交渉次第では家賃が少しでも下がる可能性があるので、遠慮せずに申し出てみましょう。
直接大家さんと話すとなれば言いにくいですが、間に入る不動産業者が窓口になるので言いやすいはずです。
もちろん必ず家賃が下がるというわけではありません。
ただ長期間空室が続いている賃貸物件であれば、家賃は無理でも敷金や礼金の部分で多少のサービスが受けられる可能性はあります。
礼金に関しては大家さんへのお礼として支払うお金ですから融通がききやすいでしょう。

賃貸物件を上手に貸すための交渉について

賃貸物件を人に貸す場合には、最初から赤字ぎりぎりの低い値段を提示しないことがお勧めです。
借主の多くは少しでも良い物件を安い値段で借りたいと思っています。
特に学生に貸す場合などは、もう少し安くなりませんかと価格交渉を不動産会社を通じて依頼されることも多くあります。
その時の相場にもよりますが、その時点で価格交渉に応じてあげた方が借主も喜んでもらえます。
家賃のことだけでなく、更新料や礼金などの減額など方法はいろいろとあります。
借主の情報はある程度仲買の不動産会社から教えてもらえることがあるため、家賃収入が安定するような方に貸すことも可能です。
また、普段から家賃など諸費用を安く表示しているわけではないため、賃貸物件の価値を維持することもできお勧めです。
賃貸は、契約によって成り立ちます。
貸主と借主のお互いが同意さえすれば法律内であれば、様々な交渉の余地もあります。
貸主も空き家になれば収入がなくなるわけですから借主の要望をある程度聞いてあげることも収入の安定につながります。

Favorite

OAフロア

2017/9/1 更新