賃貸物件を探す

賃貸住宅の防音対策

生活をしていれば、多少の音が出てしまうのは当たり前のことです。
しかし、賃貸住宅に住んでいると音で迷惑がかかったり、トラブルになってしまうことも少なくありません。
防音対策で一番良いのが、賃貸住宅に入居する時に、トラブルが起きづらい間取りの部屋を選ぶことです。
音が響きにくいのは、RC造りのマンションです。
また、賃貸ではなく分譲マンションだとコンクリート直貼りの物件が多いので、音に悩まされることは少なくなるでしょう。
すでに賃貸物件に入居済みの場合は、間取り以外の対策を考えなければなりません。
まず、一番手軽なのが、遮音カーテンや遮音カーペットを使うことです。
外からの音だけでなく、自分の家の音も漏らさないので、プライバシーの面でも安心できます。
防音壁材や吸音材を壁に貼るのもお勧めです。
防音材とは思えないほどお洒落な物も販売されています。
プライバシーが重視されている時代なので、自分では気にならないことでも、知らない間に他人に迷惑をかけていることもあります。
こうした配慮をして、お互いが気持ちよく生活できるようにしましょう。

賃貸物件の防音性の見極め方

賃貸物件で気になるのは周囲の騒音です。
賃貸物件でやはり防音性が高いのは以下の様な物件になります。
①鉄骨コンクリート造 ②鉄骨鉄筋コンクリート造 しかし①や②の物件でも、防音性は心配になると思います。
一番簡単な見極め方をご紹介いたします。
部屋の中で、手を叩いてみて反響すれば遮音性が高い物件です。
遮音性が低い場合は、反響音が小さいのです。
この見極め方は、木造物件でも、遮音材等が壁に埋め込まれている場合も同様です。
理由としては、手を叩いた音が壁を抜けてしまっているから反響音が小さくなっているのです。
カラオケボックスで遮音性が高い部屋に入ると声の反響音が高いのと同じ原理です。
賃貸物件で防音性に優れているか見極める他の方法としては、壁や床を実際にトントンと軽く叩いてみるのも良いです。
壁や床の間に隙間があると、鈍い音がして音が抜けている感じがします。
この見極め方が一番簡単でスタンダードな方法だと言えます。
あとは同じ物件でも、人が住んでいる時間帯を不動産業者にお願いして内見をさせてもらうことをお勧め致します。

pickup

Last update:2016/4/6